トップへ » 当クリニックの診療方針 » インプラント

安全を第一に考えたインプラント治療 -SSSシステム-

インプラント当クリニックでは、SSSシステムによってインプラント治療を行っています。

 Safety・・・・・安全
 Satisfaction・・満足
 Sure・・・・・・正確

の頭文字を取ったシステムのことで、「安全な治療」を「正確」に行い、患者様に「満足」していただけるインプラント治療を行っております。

安全な治療におけるもっとも大事な点は「技術力」です。
理事長の齋藤和重は、国際インプラント学会の認定医であり、日本におけるOAMインプラントの公認インストラクターをしております

CTの完備また、高度な技術を「正確に」ご提供するために、CTの完備、専用オペルームの設置、画像解析ソフトを導入などの取り組みを行っております。
CTと画像解析ソフトで事前に骨の状態をチェックし、手術前にシミュレーションすることでより正確な診断を行うことができます。

綿密なカウンセリングと確かな技術、高度な設備による手術、そして衛生士によるメンテナンスで患者様にご満足いただけるインプラント治療を目指しております。

○当クリニックの歯科衛生士が「インプラントコーディネーター」の資格を取得しました。
※インプラントコーディネーターとは
インプラントについての知識を備えているかの試験をクリアした、インプラント治療に長けた衛生士のことです。
オペ中のアシスタントはもちろん、術後のケアもインプラントの専門家として高い専門性をもった衛生士が行うことで、より高い安全性をお届けすることができます。

山手歯科クリニックではインプラント専門サイトを設けています。
インプラント治療の詳細についてはYDCインプラントセンターをご覧下さい。
YDCインプラントセンター

インプラント治療の効果

インプラントは顎の骨の中に固定されますので、かんだ時の感触やかみ応えが自分の歯に限りなく近い感覚に戻ります。
また、かむことで脳への刺激も強くなり活性化することで、これまで入れ歯だった方がインプラントを入れると、多くの方が若々しく活力に満ちた人生に切り替わります。

見た目を気にすることなく大きな口を開けて笑ったり、何よりも食べたいものを美味しく食べれる、
といった人間としてとても重要なことができるようになることで、生活の質が向上します。

当クリニックのインプラント 5つの強み

当クリニックのインプラント 5つの強み【最新設備】
歯科用CT完備、専用オペルーム、画像解析ソフトを導入しています。
安全な治療を提供するためには医師の技術や経験が重要なのはもちろんですが、それを最大限発揮するための最新の設備と器材が必要です。
当クリニックは東京都内では全体のわずか2%の厚生労働省に認可された基準施設ですので、非常に高い安全性を誇っています。

【明確な料金と治療計画】
当クリニックのインプラント治療の1本あたりの価格は430,000円~(税別・準備費別)。
この金額には安全で確実な2ピースインプラント手術・CT撮影、画像解析、インプラントの上部に取り付ける被せ物(ハイブリッドセラミックスの場合)の料金が含まれています。
また、治療前には金額を明確にご説明し、患者様にあった治療計画をご提案しております。

【インプラント15年の実績】
理事長はOAM先進インプラント認定医・公認インストラクターです。
最近はインプラントを行う医院が増えてきましたが、患者様によっても治療方法が異なり、安全なインプラント治療のためには実績が重要です。
当クリニックでは、長年の経験と確かな技術で治療にあたります。

【世界トップクラスのインプラントメーカーを採用】
世界中で高い信頼度を誇る、トップブランド4メーカーのインプラントを採用しています。
インプラントメーカーは国産も含めて多数ありますが、臨床実績が多く信頼性が確立されているものしか取り扱っておりません。

【徹底したカウンセリング】
カウンセリングでは、患者様のお口の状態を口腔内写真、レントゲン撮影を実施して確認し、治療内容や治療計画の提案などを、お話させていただきます。
インプラント治療は決して安い治療ではありません。
また、治療後のメンテナンスも含めると、長いお付き合いになります。
だからこそ、最初に患者様と同じ目的に向かって治療するという意識共有を行い、治療への不安や疑問を取り除いていただきたいと考えております。

その日から軽い食事のできる、ALL-on4インプラント

その日から軽い食事のできる、ALL-on4インプラント当クリニックでは、その日のうちに歯が入る「ALL-on4(オールオンフォー)インプラント治療」を行っています。

この方法の最大の特徴は、その日のうちに歯を固定する、ということです。
この治療は、総入れ歯の方や、多くの歯を既に失っている方、また歯周病で、多くの歯がグラグラしている方に最適です。

ALL-on4の詳細はこちら

ドリルを使わず、痛みも少ないOAMインプラント

インプラント手術は、骨を削る痛いもの。
あなたはそう思っていませんか。

当クリニックでは、安全で、痛みも少なく、ドリルを使わないインプラント埋入方法をご用意しています。
この術式の名前は大口式インプラント(OAMインプラント)

大口弘歯科クリニック院長:大口弘氏が考案した画期的な手術方法です。
大口式インプラントは、ドリルをほとんど使わず、骨もほとんど削りません。
山手歯科クリニックでは、大口先生の指導の下、このインプラントシステムを導入致しました。

【OAMインプラントシステムの特徴】
OAMインプラントでは、オーギュメーターという器具を使い、糸のような穴を少しずつ拡げてインプラントを埋める穴を作ります。
糸のような穴であれば、骨の幅が 1.5 mmしかない患者様でもつくることができます。
人間の骨は弾性があるため、その穴を少しずつ拡げることができます。

そうすることにより、わざわざ骨を増やす手術をする必要が無く、たった 1 回で終わらせることができます。
手術部位も小さいため、術後の治りも早く、患者様の負担も少なくて済みます。
また、骨を少しずつ拡げることにより、骨密度も上がりますので、 骨そしょう症のような骨密度が低い方にも有利になりました。

ドリルを使った手術では、骨を削るため、「神経を傷つけてしまった」という医療事故が起きる可能性がありました。
しかし、OAM式インプラントでは、最初に開くのは小さな小さな穴です。
その穴を特殊な器具を使って「手作業」で少しずつ骨を広げていくので、「誤って神経を傷つける」といったリスクが大きく軽減されました。

さらには、怖がりの方は特に気にされるであろう、骨を削る時の不快な音や振動を与えることもなく、オーギュメーターで静かに手術できるため、インプラント手術がより快適なものに改善されました。
このことにより、 患者様は、苦痛なくより安心して手術を受けることができるようになりました。
治りも早く、通院期間も短くて済むのです。

【大口式インプラントのメリット】
・骨を削らないので、出血が少なく、身体に負担がかからない
・ドリルの音や振動がないため、心理的に安心できる
・手術回数が少なくて済む=短期間での治療が可
・骨の吸着力が強く、インプラントが固定しやすい=安心
・高血圧・骨そしょう症の方でも埋入できる

※骨の密度が極端に高い方は、OAMインプラントができない場合もあります。

OAM先進インプラントと通常のインプラント術式との比較

OAMインプラントシステム通常のインプラント手術
OAMインプラント01
まず最初は直径0.3mmのケシの実ほどの小さなラウンドバーで骨の表面の固い部分に起始点を作ります。下へ
通常のインプラント01
最初に直径約1.8mmのラウンドバーで骨を削ります。細い骨のケースでは頂点の骨が削り取られてしまいます。下へ
OAMインプラント02
次に針灸で使うほどの細い道具で骨の柔らかい部分にもみ込み、糸状の小さな穴を作ります。下へ
通常のインプラント02
次に直径2mmのドリルで海面骨(柔らかい骨)を削ります。下へ
OAMインプラント03
大口式のオーギュメーターという装置を使って細い穴をゆっくり広げていきます。
すると、穴だけでなく骨自体の厚みも増加してきます。下へ
通常のインプラント03
ドリルをどんどん太いものに変えて骨を削っていくので、細い骨のケースでは穴を作るどころか骨自体を失ってしまいます。通常このようなケースでは設備の整った病院で顎や骨を切り取って骨移植しなければなりません。下へ
OAMインプラント04
単に骨を広げながらインプラントを入れるため、骨や体に与えるダメージは最小限で済ます事が出来ます。しかも、インプラント体は周りが固い骨で囲われ安定し長持ちします。
通常のインプラント04
無理矢理骨を削ってインプラント体を入れるため骨や体に対するダメージは大きく、しかも骨が割れる現象が起きやすく骨の中で不安定なインプラント体となります。すると当然のことながら早い時期に悪くなる可能性が高くなります。

インプラント治療の流れ

【STEP1:診査診断と治療プラン】
模型やCTなどによる十分な診査診断を行い、患者様のための治療プランをいくつかご提案いたします。
この時にインプラント手術の内容、治療期間、費用など詳しくご説明いたします。
次へ

【STEP2:インプラント手術】
患者様個人に応じたインプラント体を選択して、歯がない所へインプラントを埋入する一次手術を行います。手術時間は本数にもよりますが1時間前後で終了いたします。
手術中は局所麻酔をいたしますので、痛みはありません。
どうしても手術が怖いという方や、長時間緊張するのが不安・・・とおっしゃられる方には麻酔認定医による静脈内鎮静法で手術を受けることも行っております。

術後の痛みは個人差がございますが、ほとんどの方は1、2日で楽になるとおっしゃられています。
次へ

【STEP3:人工歯の取り付け】
一次手術後、インプラントがあごの骨にしっかりと結合するまで2ヶ月~6ヶ月ほど待ちます。
その後、インプラントのヘッド部を歯肉の上に露出させる2次手術をする場合があります。
インプラントの上に土台を取り付けて、その上にセラミックなどの人工歯を取り付けます。
次へ

【STEP4:インンプラントのメンテナンス】
インプラント治療後は正しいホームケアを行うとともに、定期的な歯科クリニックでのプロフェッショナルケアが大切です。
インプラントをこれから長く良い状態で使っていただくために、3ヶ月~4ヶ月に1回は定期検診とプロフェッショナルケアをおこないましょう。

インプラントとブリッジや入れ歯との比較

インプラントとブリッジや入れ歯との比較歯を失ったときの治療法には、ブリッジ、入れ歯、インプラントが挙げられます。
ここでは各々の治療法のメリット、デメリットについてまとめました。

ブリッジにした場合
ブリッジメリット
・比較的簡単に治療が受けられる
・自分の歯と比べ、食感や味覚は、あまり差がない
・白い歯を選べば審美的に良好

デメリット
・ブリッジを固定するために、両隣の歯を大きく削らなければならない
・支えになる歯は負担が大きく、6~8年程度でだめになる
・抜けた歯の部分の骨がやせてしまう
・食べ物カスが詰まりやすく、口の中が不衛生になりやすい
・発音しづらくなることがある

入れ歯にした場合
入れ歯メリット
・比較的簡単に治療が受けられる
・取り外しが出来るため、自分では歯磨きが困難な方は衛生的

デメリット
・審美的に劣る
・お口の中に異物を入れるので慣れるまで時間がかかる
・バネの架かる歯は負担が大きく、数年でぐらぐらしてくる
・形状が合わないと口の中で動きやすく、痛みが伴う事がある
・硬いものやお餅など、噛む事が困難である(歯があるときの半分程度)
・食べ物のカスが残りやすく口の中が不衛生になりやすい
・発音しづらくなる
・取り外して手入れをする必要がある


インプラントにした場合
インプラントメリット
・自分の歯のような感覚で噛む事ができる
・噛む力、味覚が低下しない
・ブリッジのように両隣の歯を削る必要がない
・審美性が良好
・インプラントがしっかり固定すると、顎の骨がやせるのを防ぐ事ができる
・天然歯の負担を減らし、天然歯を守る

デメリット
・手術が必要
・体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合がある
・ブリッジや入れ歯より、日数・費用がかかる

インプラントよくある質問

インプラント治療の成功率は?
インプラント治療は誰でも受けられますか?
入院は必要ですか?
インプラント治療が受けられない人は、どんな人ですか?
歯周病でも大丈夫ですか?
糖尿病でも大丈夫ですか?
もしインプラントが成功しなかったらどうなるの?
上顎の骨が少なくてインプラントは出来ないといわれました。本当ですか?
歯を抜くと一緒にインプラントが受けられると聞いたのですが?
骨の量が少なくてもインプラントはできますか?
インプラント手術に痛みや腫れはありますか?
手術当日に、仕事はできますか?
手術後の注意は?
治療期間はどのくらいかかりますか?
インプラント治療はどのくらい費用がかかりますか?
インプラントはどのくらいもちますか?

関連ページ一覧

当クリニックの診療方針インプラントALL-on4インプラント審美治療
ホワイトニングノンメタル治療・アンチエイジング歯周病治療入れ歯治療
予防歯科矯正治療3Mix法で削らない治療治療の流れ
料金表よくある質問

歯についてのご相談、診療予約を受け付けています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当クリニックの診療方針 » インプラント


コールバック予約