トップへ » 当クリニックの診療方針 » 3Mix法で削らない治療 » むし歯の豆知識

歯の構造

歯の構造
■エナメル質
体の中で一番硬く、密度が高い組織。
ほとんどが無機質からできていて、細菌の好む有機質はほとんど含んでいません。
そのため、虫歯の進行は遅い。
再石灰化(再生)はわずかにおこります。

■象牙質
細い管状の構造をしています。
有機質を多く含んでいるために、やわらかい組織。
そのために細菌が進入しやすいので、中で増殖しやすい。虫歯の進行は早く、大きくなると痛みを感じることもあります。
再生は起こりません。

■歯髄
痛みを感じる神経や栄養供給をする血管。ほとんどが、有機質からできています。
細菌が歯髄に進入してくると激しい痛みを感じるようになります。
再生はおこりません。  

■歯根膜
歯と骨の硬い組織の中にはさまれていて、クッションの働きをしています。
歯ざわり、噛み応えなどを感じることができます。噛んで痛みを感じるときには、この部分に炎症があります。
再生能力はそれほど高くありません。 

■セメント質
エナメル質と比べると硬さも密度も劣りますが、再生能力は高く、歯肉が下がってセメント質が出てくると、密度が低いため温度による痛みが出てくることがあります。
これを知覚過敏といいます。

■歯槽骨
歯を支えている骨。
歯肉に細菌が進入して炎症が起こると骨は溶けてしまい、支えを失った歯はぐらぐらしてきます。
再生能力は高くありません。

■歯周ポケット
歯と歯肉の接着部位。
まるでポケットのように少しくぼんだ溝になっています。
歯周病はここから細菌が進入して、進行していきます。

虫歯のお話

歯の状態によって、虫歯の進行具合を段階に分けることが出来ます。
虫歯は気がつかない間に進行してしまう為、痛くなってからでは手遅れになります。
定期的に歯科検診を受けるようにして、初期の段階で虫歯を見つけましょう。

■C0
C0エナメル質の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態です。見た目にはほとんどわかりづらい、虫歯の初期状態。
この程度なら再石灰化が期待できますので、しっかり磨いて進行を防ぎましょう。また、フッ素により、虫歯の進行の予防、再石灰化の期待ができますので歯科医院での相談をお勧めします。

■C1
C1エナメル質内に細菌が進入して穴があいた状態です。 ここまでくるともう再石灰化はほとんど期待できません。
また、この時点では、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。小さいうちに治療しましょう。

■C2
C2象牙質まで細菌が進入した状態です。
象牙質はやわらかいので、虫歯は中で大きく広がります。
大きくなると冷たい水や風がしみるようになります。
甘いものや暖かいものがしみるようになると歯髄(神経)を取る可能性が高くなります。

■C3
C3歯髄まで細菌が進入した状態です。
歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こし激しい痛みを感じます。
熱いものがしみてきてズキズキ痛みだします。これを歯髄炎といいます。

■C4
C4歯の根だけが残る末期症状。歯髄炎を放置すると、その痛みはある日なくなります。
それは治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっているだけなのです。
さらに放置すると歯の根の先から歯根膜に炎症が起こり、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。

■根尖病巣
根尖病巣骨の中まで細菌が進入し、根の先に細菌と膿がたまっている状態です。
噛んだときの違和感や痛みがでる場合もありますが、通常あまり症状はありません。
しかし、細菌の勢力と体を守っている免疫のバランスが崩れると膿の量が増えて激しい痛みがでます。

症状がある場合や根尖病巣が大きい場合は、根の中に消毒薬を入れて細菌の数を減らして、痛みや違和感を抑える治療をします。
しかし、一度根の先に細菌が侵入すると完全に取り除くことは不可能で、再発の可能性があります。
放置するとまれではありますが、喉や骨、骨の中の神経、最悪の場合脳に細菌が進入し炎症がおこり大変なことになる可能性があります。

細菌について

口の中の細菌は虫歯、歯周病、そして最近では、胃潰瘍、糖尿病、肺炎、心内膜炎などの内臓系の疾患とも関わりがあると言われています。
その口の中にすむ細菌のかたまりを特にプラークといいます。

プラークは歯の表面に付着していて、白くてやわらかく独特なにおいがします。
例えばつまようじで歯の表面を引っかいて先についてくるプラークだけで、細菌が一億も含まれているといわれています。
口の中は一定の温度と湿度、さらに栄養分の補給もあるため細菌の格好の住処です。
特に細菌が住みやすく、虫歯になりやすいのは図の三箇所です。
虫歯になりやすい場所

プラークは時間の経過によりすぐに繁殖します。
しかも歯を磨かなかったり、同じ場所を毎回磨き残していると、細菌は無害なものが減り、凶悪な性格のものが増えていきます。

CMでおなじみのプラークコントロールとは、歯を磨くことで細菌数をできるだけ少なく、無害なものに留めることです。
完全に細菌を無くすことができないので、プラークをコントロールするのです。
自己流で磨くと磨き残したり、ブラッシング圧が強く、歯が削れてしまったりします。

また歯並びや歯肉の状態によってプラークコントロールの方法が違うので、歯科医院で歯の磨き方を習いましょう。

虫歯の予防法

【ガムを活用した予防 】
■代用甘味料
砂糖は細菌の大好物。
細菌は砂糖を分解した栄養を採取して繁殖し、そして酸を発生させます。
この酸が歯を溶かしてムシ歯を作るのです。
また、代用甘味料とは砂糖の構造を複雑にして細菌に分解できないようにしたものです。
キシリトールやステビアなどもそうです。キシリトールはさらに細菌を抑える働きもあり注目されました。

■アパタイトやカルシウム
アパタイトとはエナメル質の大部分を作っている成分で、カルシウムも入っています。
アパタイトや○○カルシウムという名前のものは、再石灰化を狙ったものが多いです。
ただし再石灰化はC0(虫歯の初期)にしか期待できません!!

■リカルデント成分
配合のガム 厚生省より特定保健用食品に認定されたガム。
初期の虫歯に有効な成分、CPP-ACP(リカルデント)の配合により、脱灰を修復して、再石灰化を促す「虫歯になりにくい食品」としての効果が認められています!!
1日4回噛むと効果的!!
脱灰の始まる食後に20分間かむと効果的のようです。
(*時間や回数はあくまでも目安です)。

【うがい薬を活用した予防 】
うがい薬の裏の成分表示を見てください。
主なものについては下に説明をしています。
ただしプラークコントロールができなければ効果はほとんどありません。
うがいをするのは歯磨き後が効果的です。

 トラネキサム酸 ・・・炎症を抑える
 塩化セシルピリジウム ・・・細菌の殺菌
 クロルヘキシジン ・・・細菌の殺菌とプラークの抑制
 フッ素 ・・・歯質の強化

たとえば、パーフェクトペリオは非常に効果的です。
お口の中で盛んに繁殖する細菌もパーフェクトペリオに30秒漬けると死滅します。
パーフェクトペリオの効果的な使用法は、使用前にブラッシングで汚れをおとす。
そして、10mlをお口に含み30秒はお口の中でブクブクしましょう。

虫歯とは細菌による感染症です。
殺菌洗口剤を効果的に使用することにより、細菌の数を減らしていきましょう。

関連ページ一覧

当クリニックの診療方針インプラントALL-on4インプラント審美治療
ホワイトニングノンメタル治療・アンチエイジング歯周病治療入れ歯治療
予防歯科矯正治療3Mix法で削らない治療治療の流れ
料金表よくある質問

歯についてのご相談、診療予約を受け付けています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当クリニックの診療方針 » 3Mix法で削らない治療 » むし歯の豆知識


コールバック予約