トップへ » 当クリニックの診療方針 » ALL-on4インプラント » 従来のインプラントとALL-on4の違い

従来のインプラントとALL-on4の違い

これまでのインプラント治療は、歯のないところに1本ずつ埋入していました。
ですから、多くの歯を失うと埋入するインプラントの本数もそれだけ多くなります。
また、数ヶ月間は、人工の歯を装着できませんでした。

しかし、オール・オン・フォーでは、これらのデメリットを解消しました。
片顎に埋入するインプラントは4~6本(総入れ歯の方)です。
本数が少なければ、費用も体にかかる負担も少なくてすみます。
何より、手術の回数が減りますので、リスクも負担も軽減されます。

また、インプラント体を埋めたその日に仮の歯を固定しますので、その日から軽い食事ができます。
本来はこのような事はありえません。 それが"できる"のがAll-on4なのです。

all-on4あきらめないでください。1日で美しい口元がよみがえります。
そして、何でも噛める健康なお口になって、心身ともに健康になりましょう。
特に総入れ歯に悩んでいる方は、ワンデーインプラントに最適です。

その日のうちに、自分の歯を手に入れる・・・チャンスはすべての人にあります。
当クリニックでは、患者様の口腔内改善のためにチームアプローチに積極的に取り組んでいます。

そして、当クリニックを訪れるすべての方に100%ご満足いただけるよう、日々技術の向上に努めております。


トップへ » 当クリニックの診療方針 » ALL-on4インプラント » 従来のインプラントとALL-on4の違い


コールバック予約