トップへ » 当クリニックの診療方針 » インプラント » インプラントとブリッジや入れ歯との比較

インプラントとブリッジや入れ歯との比較

インプラントとブリッジや入れ歯との比較歯を失ったときの治療法には、ブリッジ、入れ歯、インプラントが挙げられます。
ここでは各々の治療法のメリット、デメリットについてまとめました。

ブリッジにした場合
ブリッジメリット
・比較的簡単に治療が受けられる
・自分の歯と比べ、食感や味覚は、あまり差がない
・白い歯を選べば審美的に良好

デメリット
・ブリッジを固定するために、両隣の歯を大きく削らなければならない
・支えになる歯は負担が大きく、6~8年程度でだめになる
・抜けた歯の部分の骨がやせてしまう
・食べ物カスが詰まりやすく、口の中が不衛生になりやすい
・発音しづらくなることがある

入れ歯にした場合
入れ歯メリット
・比較的簡単に治療が受けられる
・取り外しが出来るため、自分では歯磨きが困難な方は衛生的

デメリット
・審美的に劣る
・お口の中に異物を入れるので慣れるまで時間がかかる
・バネの架かる歯は負担が大きく、数年でぐらぐらしてくる
・形状が合わないと口の中で動きやすく、痛みが伴う事がある
・硬いものやお餅など、噛む事が困難である(歯があるときの半分程度)
・食べ物のカスが残りやすく口の中が不衛生になりやすい
・発音しづらくなる
・取り外して手入れをする必要がある


インプラントにした場合
インプラントメリット
・自分の歯のような感覚で噛む事ができる
・噛む力、味覚が低下しない
・ブリッジのように両隣の歯を削る必要がない
・審美性が良好
・インプラントがしっかり固定すると、顎の骨がやせるのを防ぐ事ができる
・天然歯の負担を減らし、天然歯を守る

デメリット
・手術が必要
・体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合がある
・ブリッジや入れ歯より、日数・費用がかかる


トップへ » 当クリニックの診療方針 » インプラント » インプラントとブリッジや入れ歯との比較


コールバック予約