トップへ » 当クリニックの診療方針 » インプラント » ドリルを使わず、痛みも少ないOAMインプラント

ドリルを使わず、痛みも少ないOAMインプラント

インプラント手術は、骨を削る痛いもの。
あなたはそう思っていませんか。

当クリニックでは、安全で、痛みも少なく、ドリルを使わないインプラント埋入方法をご用意しています。
この術式の名前は大口式インプラント(OAMインプラント)

大口弘歯科クリニック院長:大口弘氏が考案した画期的な手術方法です。
大口式インプラントは、ドリルをほとんど使わず、骨もほとんど削りません。
山手歯科クリニックでは、大口先生の指導の下、このインプラントシステムを導入致しました。

【OAMインプラントシステムの特徴】
OAMインプラントでは、オーギュメーターという器具を使い、糸のような穴を少しずつ拡げてインプラントを埋める穴を作ります。
糸のような穴であれば、骨の幅が 1.5 mmしかない患者様でもつくることができます。
人間の骨は弾性があるため、その穴を少しずつ拡げることができます。

そうすることにより、わざわざ骨を増やす手術をする必要が無く、たった 1 回で終わらせることができます。
手術部位も小さいため、術後の治りも早く、患者様の負担も少なくて済みます。
また、骨を少しずつ拡げることにより、骨密度も上がりますので、 骨そしょう症のような骨密度が低い方にも有利になりました。

ドリルを使った手術では、骨を削るため、「神経を傷つけてしまった」という医療事故が起きる可能性がありました。
しかし、OAM式インプラントでは、最初に開くのは小さな小さな穴です。
その穴を特殊な器具を使って「手作業」で少しずつ骨を広げていくので、「誤って神経を傷つける」といったリスクが大きく軽減されました。

さらには、怖がりの方は特に気にされるであろう、骨を削る時の不快な音や振動を与えることもなく、オーギュメーターで静かに手術できるため、インプラント手術がより快適なものに改善されました。
このことにより、 患者様は、苦痛なくより安心して手術を受けることができるようになりました。
治りも早く、通院期間も短くて済むのです。

【大口式インプラントのメリット】
・骨を削らないので、出血が少なく、身体に負担がかからない
・ドリルの音や振動がないため、心理的に安心できる
・手術回数が少なくて済む=短期間での治療が可
・骨の吸着力が強く、インプラントが固定しやすい=安心
・高血圧・骨そしょう症の方でも埋入できる

※骨の密度が極端に高い方は、OAMインプラントができない場合もあります。


トップへ » 当クリニックの診療方針 » インプラント » ドリルを使わず、痛みも少ないOAMインプラント


コールバック予約