トップへ » 当クリニックの診療方針 » 歯周病治療 » 成人の8割は歯周病にかかっていると言われています

成人の8割は歯周病にかかっていると言われています

歯周病とは、歯を支えている骨が溶けていく病気です。

初期にはあまり自覚症状がないので、皆さん自分が歯周病とは気づきにくいようです。
歯ぐきからの出血や歯ぐきの腫れなど、自覚症状が出る頃にはかなり進行していることが多いです。
そのまま放置しておくとやがて歯がぐらぐらと動き出し、最後には自然に抜け落ちてしまいます。

日本人の30歳代の約80%が歯周病にかかっていると言われ、35歳以上になると約70%の方が歯周病によって歯を失っているという報告も出ているのです。

歯は老化で抜けるのではなく、多くは歯周病によって抜けているのです。
日本での歯周病患者数は9,000万人とも言われ、まさに国民病とも言える病気なのです。

また、歯周病は歯を失ってしまうだけでなく、その他様々な病気の原因となる事が確認されています。

【歯周病が原因となる病気の例】
 ・脳梗塞
 ・気管支炎
 ・狭心症
 ・心筋梗塞
 ・細菌性内膜炎
 ・冠状動脈疾患
 ・誤嚥性肺炎
 ・腎炎

聞き覚えのある病気も多いのではないでしょうか。
歯の一つの組織に問題があるだけで、体に及ぼす悪要素がここまであるのです。

歯周病は早期の予防と、定期的なケアが効果的です。
いくつになっても健康な歯を維持するためには、歯への意識をしっかり持つ事が大切です。

歯周病は、軽度の場合は薬とクリーニングで治すことが可能です。
また、重度の場合でも再生療法で治すことが可能です。

当クリニックでは薬剤による内科的治療、パーフェクトペリオを利用した免疫的治療、外科的治療とあらゆる歯周病治療をおこなっています。


トップへ » 当クリニックの診療方針 » 歯周病治療 » 成人の8割は歯周病にかかっていると言われています


コールバック予約