トップへ » 当クリニックの診療方針 » 予防歯科 » 歯ブラシだけでは歯の汚れを落としにくい!?

歯ブラシだけでは歯の汚れを落としにくい!?

虫歯や歯周病の原因となる歯の汚れ、以前は歯磨きで取れる「歯垢(プラーク)」と、歯垢が固まって器械を使わないと取れない「歯石」の二つがあると考えられていました。
しかし、最近ではそれらが歯の表面に定着するのは、その中間の「成熟したプラーク=バイオフィルム」が存在しているからだと分かりました。

歯の表面や歯と歯ぐきの間などに汚れがたまると、それを栄養にして細菌のかたまり群が付着します。
これが、「バイオフィルム」です。
バイオフィルム

多種多様の細菌が複雑にからみあって強力にくっつき、しかも細菌が分泌する多糖体に守られているので、歯ブラシや抗菌剤・消毒剤では取り除くことができません。

これを除去するのが衛生士による「PMTC」です。


トップへ » 当クリニックの診療方針 » 予防歯科 » 歯ブラシだけでは歯の汚れを落としにくい!?


コールバック予約