トップへ » 当クリニックの診療方針 » 3Mix法で削らない治療 » むし歯の豆知識 » 歯の構造

歯の構造

歯の構造
■エナメル質
体の中で一番硬く、密度が高い組織。
ほとんどが無機質からできていて、細菌の好む有機質はほとんど含んでいません。
そのため、虫歯の進行は遅い。
再石灰化(再生)はわずかにおこります。

■象牙質
細い管状の構造をしています。
有機質を多く含んでいるために、やわらかい組織。
そのために細菌が進入しやすいので、中で増殖しやすい。虫歯の進行は早く、大きくなると痛みを感じることもあります。
再生は起こりません。

■歯髄
痛みを感じる神経や栄養供給をする血管。ほとんどが、有機質からできています。
細菌が歯髄に進入してくると激しい痛みを感じるようになります。
再生はおこりません。  

■歯根膜
歯と骨の硬い組織の中にはさまれていて、クッションの働きをしています。
歯ざわり、噛み応えなどを感じることができます。噛んで痛みを感じるときには、この部分に炎症があります。
再生能力はそれほど高くありません。 

■セメント質
エナメル質と比べると硬さも密度も劣りますが、再生能力は高く、歯肉が下がってセメント質が出てくると、密度が低いため温度による痛みが出てくることがあります。
これを知覚過敏といいます。

■歯槽骨
歯を支えている骨。
歯肉に細菌が進入して炎症が起こると骨は溶けてしまい、支えを失った歯はぐらぐらしてきます。
再生能力は高くありません。

■歯周ポケット
歯と歯肉の接着部位。
まるでポケットのように少しくぼんだ溝になっています。
歯周病はここから細菌が進入して、進行していきます。


トップへ » 当クリニックの診療方針 » 3Mix法で削らない治療 » むし歯の豆知識 » 歯の構造


コールバック予約