トップへ » 当クリニックの診療方針 » 3Mix法で削らない治療 » むし歯の豆知識 » 虫歯のお話

虫歯のお話

歯の状態によって、虫歯の進行具合を段階に分けることが出来ます。
虫歯は気がつかない間に進行してしまう為、痛くなってからでは手遅れになります。
定期的に歯科検診を受けるようにして、初期の段階で虫歯を見つけましょう。

■C0
C0エナメル質の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態です。見た目にはほとんどわかりづらい、虫歯の初期状態。
この程度なら再石灰化が期待できますので、しっかり磨いて進行を防ぎましょう。また、フッ素により、虫歯の進行の予防、再石灰化の期待ができますので歯科医院での相談をお勧めします。

■C1
C1エナメル質内に細菌が進入して穴があいた状態です。 ここまでくるともう再石灰化はほとんど期待できません。
また、この時点では、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。小さいうちに治療しましょう。

■C2
C2象牙質まで細菌が進入した状態です。
象牙質はやわらかいので、虫歯は中で大きく広がります。
大きくなると冷たい水や風がしみるようになります。
甘いものや暖かいものがしみるようになると歯髄(神経)を取る可能性が高くなります。

■C3
C3歯髄まで細菌が進入した状態です。
歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こし激しい痛みを感じます。
熱いものがしみてきてズキズキ痛みだします。これを歯髄炎といいます。

■C4
C4歯の根だけが残る末期症状。歯髄炎を放置すると、その痛みはある日なくなります。
それは治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっているだけなのです。
さらに放置すると歯の根の先から歯根膜に炎症が起こり、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。

■根尖病巣
根尖病巣骨の中まで細菌が進入し、根の先に細菌と膿がたまっている状態です。
噛んだときの違和感や痛みがでる場合もありますが、通常あまり症状はありません。
しかし、細菌の勢力と体を守っている免疫のバランスが崩れると膿の量が増えて激しい痛みがでます。

症状がある場合や根尖病巣が大きい場合は、根の中に消毒薬を入れて細菌の数を減らして、痛みや違和感を抑える治療をします。
しかし、一度根の先に細菌が侵入すると完全に取り除くことは不可能で、再発の可能性があります。
放置するとまれではありますが、喉や骨、骨の中の神経、最悪の場合脳に細菌が進入し炎症がおこり大変なことになる可能性があります。


トップへ » 当クリニックの診療方針 » 3Mix法で削らない治療 » むし歯の豆知識 » 虫歯のお話


コールバック予約