トップへ » 医院案内 » 最新の院内設備 » CT・レントゲン室

CT とは?

CTCTとは断層撮影(computed tomography)の略です。X線とコンピュータを使って、身体の断面を輪切にした断層画像で見ることが可能な装置です。この画像からは神経の位置や骨の形態、血管等の位置などを確認します。

この最先端の技術によって精度の高い3次元画像を撮影することが可能となり、より正確な治療の方向づけに役立てることができます。 多くの医院では大学病院等の外部機関にCT撮影を依頼しているため時間や費用が余計にかかりますが、当クリニックでは最新の高性能歯科用CTスキャンを導入しており、クリニック内で撮影を完了します。

CTスキャンとSim Plant(シムプラント)

インプラント治療や歯周病治療などを適切に行うには、顎の骨の状態を詳細に調べて対策を取ることが重要です。通常のレントゲン撮影では平面でのみの確認でしたが、CTを使用する事によって、水平・垂直・斜め方向からの断面図を取得することで、口腔内細部の確認を行って、大変立体的な画像診断が可能となりました。
より精密な診断と治療を実現したのがCTです。

CTスキャンとSim Plantまた、インプラント治療ではSimPlant(シムプラント)で3D構築された画像を確認しながら治療の計画を立てる事によって、安全かつ無理のない、精密な治療を可能にしました。3Dシュミレーションソフトを通じて、インプラントを埋め込む位置や角度、さらには最適なインプラントの種類やサイズを確認します。最も理想的なインプラント治療を行うためには欠かすことのできないプロセスです。

他の医院で「骨が少ない」などの理由でインプラント治療を断られた方でも、この3Dシュミレーションソフトで診断する事により、極めて正確な診断を行えることとなりました。状態によっては、インプラント治療が可能と判断できる場合があります。まずは当クリニックにご相談ください。


トップへ » 医院案内 » 最新の院内設備 » CT・レントゲン室


コールバック予約