«  2012年7月29日 - 2012年8月 4日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年8月 4日

山手歯科クリニックマネージャーの森本です。

診断の為や、矯正治療、インプラント治療の際、
歯科X線検査(レントゲン)またはCT撮影を行いますが、
放射線被ばくについて気になる方も多くいらっしゃると思います。

例えば、矯正歯科治療では、精密なデータをとるために、頭部X線規格写真(セファログラム)やパノラマX線写真(パントモ)などのレントゲン撮影を行います。

歯科治療において、お口の中の限られた範囲を撮影するデンタルX線の放射線の量は、1枚あたり約0.01mSv(ミリシーベルト)、上下顎を一度に撮影できるパノラマX線写真では0.03mSv(1回)、歯科用CTは0.1mSv(1回)ととても少ない値なので安全です。(1人あたりの自然放射線年間世界平均は2.4mSv)

X線で得た情報は骨格や歯並びに合わせた治療方針を導き、治療の経過を確認するための重要な資料です。 少ない被ばく量で検査が行えますのご安心ください。

『山手歯科クリニック』の詳しい診療内容はこちら。
http://www.yamate-dental.com

2012年8月 2日

山手歯科クリニックマネージャーの森本です。

今年の2月に右上の歯がない部分に、骨を足す手術を行い
先日CT撮影を行ったところ、順調に骨が形成されていました。

いよいよインプラント埋入手術を、再来週行います♪♪(*´▽`*)ノ

ライブオペなので、見学の方もたくさんいて緊張しますが、
山手歯科クリニックの最先端技術、設備、精鋭メンバーのアシスタントワーク、
なにより理事長のオペ技術を学んでもらえたら幸いです!!

今からわくわくしますが、
お酒だけはオペ後しばらく我慢なのがつらいです・・・o(;△;)o

『山手歯科クリニック』の詳しい診療内容はこちら。
http://www.yamate-dental.com

2012年7月31日

山手歯科クリニックマネージャーの森本です。

70歳以上の男女300人に対して行われた調査で、ご自身の歯がたくさん残っている方ほど、生活自立度が高いことが証明されています。

「自分の歯だけで食べられる」という人のほとんどの方が、「一人でどこへでも出かけられる」と回答しており、「すべての歯がなく入れ歯もない」と回答した約3分の2の方が「家から出ない・寝たきり」または「家の近所まで出るだけ」と回答しています。

歯の老化現象は、個人個人の歯の健康に対する関心度の程度に大きく影響され、手入れの善し悪しによって随分その差がついてしまいます。

歯を失うことによる、口の機能の低下はさまぎまな生活環境に悪影響を与え、食事の楽しみを奪うばかりか、張りのあるはつらつとした顔貌を奪い、会話にも影響します。

噛むことは、唾液の分泌促進による食物の消化吸収率の向上、ムシ歯予防、認知症防止などに大きく関与しています。

自分の歯が少なくなった方でも、様々な治療方法によって噛む機能や顔貌、会話は充分回復します。

お口の健康は、若さを保つ秘訣です。

早めの予防が将来の歯の健康を保つことにつながります。ぜひ、気になる方ご相談ください。

『山手歯科クリニック』の詳しい診療内容はこちら。
http://www.yamate-dental.com

« 2012年7月22日 - 2012年7月28日 | メイン | 2012年8月 5日 - 2012年8月11日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
山手歯科クリニック

山手歯科クリニック
理事長 齋藤和重

www.yamate-dental.com

東京大井町の山手歯科クリニックのブログです。
最新の歯科治療や、日々の診療について、理事長の齋藤と受付スタッフで更新しています。

当クリニックは、インプラントや審美歯科をはじめ、常に最新治療をご提供できる歯医者で ありたいと思っています。
また、インフォームド・チョイス(説明を受けたうえでの選択)やおもてなしの心を大事にし、 あくまで患者様が主役で、快適に治療をうけていただけるクリニックを、目指しております。
お問合せ: 03-5783-6480