東京、品川区の歯科医院「山手歯科クリニック」ブログ

不正咬合の原因とは?

 

山手歯科クリニックです。
本日は不正咬合の原因についてお話しします。

 

『①遺伝』
髪の毛や目の色、顔の特徴や体質が遺伝するのと同じく、噛み合わせや歯並び、骨格が遺伝し、不正咬合の先天的原因になることがあります。
特に遺伝の影響を受けやすい症状は、反対咬合(はんたいこうごう)、いわゆる、受け口です。

また、親の歯の生える本数が遺伝することもあるため、空隙歯列(くうげきしれつ)も遺伝しやすい不正咬合の1つです。
ただし大人になるまでに不正咬合が治らないケースでは、後天的原因を考える必要があります。

 

『②悪癖』
不正咬合の原因になるクセには、指しゃぶり、頬杖、舌先で前歯を押すといったものがあります。
舌先で前歯を押すクセや指しゃぶりは、上顎前突(じょうがくぜんとつ)になりやすく、頬杖は、交叉咬合(こうさこうごう)になりやすくなってしまいます。
子供の骨格はちょっとしたクセでも歪みやすい状態のため、注意が必要です。

 

『③口呼吸』
普通舌は上顎についていて、その吸い付く力で広げられています。
口呼吸の習慣は、常に口を開け、舌が上顎に吸い付かない状態になるため、上顎が広がっていきません。
上顎前突(じょうがくぜんとつ)を引き起こすこともあるため、注意する必要があります。

また、口呼吸は口腔内の乾燥を引き起こし、唾液の分泌を抑制してしまいます。
唾液には抗菌効果があるため、分泌が少なくなると虫歯になりやすくなり、結果的に歯並びを悪くするなど口腔内に悪影響を与えます。

 

『④虫歯、歯周病』
「乳歯は永久歯に生え変わるから、虫歯になっても大丈夫じゃないの?」と思われる方も多いですが、これは、大きな間違いです。
小さな子供の乳歯の虫歯は、その後の不正咬合の原因になることがあります。
乳歯が虫歯になると、その後に生えるはずの永久歯にも影響が出ます。永久歯が虫歯になりやすくなったり、変な位置や方向に生えてしまう可能性もあります。

 

『⑤生活習慣』
不正咬合の原因の1つに、顎の骨の未発達が考えられます。
近年の日本の食事は欧米化が進み、柔らかいものばかりを食べることが日常化しています。
そういった食生活を続けていると、噛む回数が減り、顎が小さいまま成長できず、叢生になりやすくなります。
また、同じ歯を使ってばかりの食事も歯並びを悪くする原因になります。

 

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「大井町駅」から徒歩4分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック』
東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F
TEL:03-5783-6480

マウスピース型矯正のよくある質問②

 

山手歯科クリニックです。
本日はマウスピース型矯正のよくある質問についてお話しします。

 

『Q5.マウスピース型矯正は目立ちませんか?』
A5.マウスピースは透明なので、周囲の人に矯正していることを気付かれることはほとんどありません。
気になる大切な場面などでは取り外しができるのもマウスピース型矯正のメリットです。

 

『Q6.マウスピース型矯正をしたままの飲食はできますか?』
A6.色のついていない水などはそのまま飲むことができます。
装着したままお茶などを飲むこともできますが、マウスピースに着色することもあるため、出来るだけ外して飲むように心がけてください。

食事の際も、できるだけマウスピースを外してください。
そのまま飲食できないわけではありませんが、マウスピースが汚れやすくなる、割れやすくなるといったデメリットがありますので、基本的には外して飲食するようにお願いしております。

外さずに食事をした際は、歯とマウスピースとの間に食べ物が入りやすいので、早めに歯磨きとマウスピースの洗浄を念入りに行いましょう。

 

『Q7.マウスピース型矯正は虫歯になりやすいのですか?』
A7.毎日の歯磨きは、マウスピースを外して、矯正前と変わらないお手入れができます。
そのため、お手入れを丁寧に行っていれば、矯正によって虫歯になりやすくなるといったことはありません。

ワイヤー矯正の場合は、食べ物が入りやすいワイヤー周辺を念入りにお手入れする必要がありますが、マウスピース型矯正はその手間がないのも魅力です。

 

『Q8.マウスピース矯正後に元に戻ってしまうこと(後戻り)はありますか?』
A8.矯正完了後に元の歯の位置に戻ってしまうことを「後戻り」といいます。
後戻りは全ての矯正法にあり得ることで、マウスピース矯正にもあります。

マウスピース型矯正だと後戻りしやすいといったことはありません。
少し元に戻ったと感じれば、矯正後でもすぐにマウスピースを装着することによって、対応できるのも特徴です。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「大井町駅」から徒歩4分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック』
東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F
TEL:03-5783-6480

歯を悪くしないための注意点〜食生活編〜

 

山手歯科クリニック大井町です。
本日は歯を悪くしないための注意点〜食生活編〜についてお話しします。

 

『1.間食はなるべくしない』
食べ物を食べる頻度が多ければ多いほど、プラークと呼ばれる歯垢が溜まりやすくなります。
この歯垢は虫歯や歯周病のリスクを高めるので、食事の回数を抑え、ダラダラと食べ続けるのは避けましょう。
また、出来るだけ間食を避けるべきですが、間食をした後はすぐに歯磨きするのがおすすめです。

 

『2.糖分の摂り過ぎに気をつける』
虫歯菌は糖分を好みます。
砂糖がたくさん入ったお菓子やスイーツもそうですが、砂糖入りの飲み物やアメ、ガムを飲食することの多い人は気を付けましょう。
また、糖質も同じように気を付ける必要がありますので、バランスのとれた食生活を心がけてくださいね。

 

『3.就寝前に食べないようにする』
就寝前に飲食する習慣があると、その後に歯磨きをしていたとしても、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
睡眠中には唾液の分泌が抑えられ、就寝前に食べたものの唾液による自浄作用が低下してしまうためです。
どんなに丁寧に歯を磨いても100%の汚れを除去するのは難しいため、磨き残しによる虫歯や歯周病を防ぐためにも、就寝前は食べないようにしましょう。

 

『4.良く噛んで食べるようにする』
現代の食べ物は昔に比べ、あまり噛まなくても食べられるようなやわらかいものが増えています。
美味しい食べ物が増えるのは良いことですが、あまり噛まずにやわらかいものばかりを食べていると唾液の分泌が正しく行われなくなり、口腔内に細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
その結果、虫歯や歯周病にかかりやすくなるため、良く噛んで食べることを心がけてみてください。

 

『5.酸性食品の摂り過ぎに気を付ける』
酸性食品とは、酸っぱい食べ物の他、炭酸飲料なども含まれます。
摂り過ぎは歯を酸によって溶かしてしまう原因になるため、注意してください。

 

少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「大井町駅」から徒歩4分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック』
東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F
TEL:03-5783-6480

歯石を放置しているとどうなるの?

 

山手歯科クリニック大井町です。
本日は歯石を放置しているとどうなるのかについてお話しします。

 

はじめの症状は歯茎の炎症のみで済みますが、徐々に腫れた歯茎と歯の隙間に歯周病細菌が繁殖し、さらに悪化していきます。
歯周病細菌は毒素を放出するのですが、この毒素が歯を支える骨を溶かす原因となり、骨自体に影響を及ぼします。

そのまま歯石を放置し続けると、骨は溶け、歯周病が進行して、そのうち、歯の表面に硬くて黒い歯石がつき始めます。
この黒い歯石も歯周病細菌を繁殖しやすく、さらにどんどん症状が悪化していきます。

いずれは、溶けた骨が歯を支えきれなくなり、歯が抜け落ちてしまうこともありますので注意しなくてはいけません。
また、ここに至るまでにも色々なことが症状として現れます。

・口臭がひどくなる
・歯茎の腫れがひどくなり、膿が出てくる
・歯の間にものが詰まりやすくなる
・歯茎が下がり、冷たいものが沁みやすくなる
・歯がグラグラとして噛めなくなる

気付きにくいものではありますが、静かに病状は進行していきます。
歯周病はこういった性質より、”静かなる病気”と呼ばれることもあります。

 

『歯石を小まめに除去すると、歯茎を健康に保つことができる』
歯周病は毎日のお手入れや定期的なケアに力を入れることで予防できる病気です。
年を重ねても歯周病にならない人もいますし、かかっても仕方ない病気なんかではありません。

でも、歯医者にかかるタイミングで歯石をとる、歯石が気になってきたから除去する、というやり方では、歯周病の予防は難しいと言えるでしょう。
歯石というのは、歯垢が固まり、歯石となりはじめた頃より歯茎に影響を及ぼします。

下の前歯の裏側、上の奥歯のほっぺ側など、目視しにくいところに出来やすいものなので、歯石がついてすぐに対応するというのはなかなか難しいです。
「歯石が気になる」、「歯石が溜まってきた」と実感できる頃には、歯周病は既に進行していると考えた方が良いです。

小まめに歯石を除去すれば、若々しく、健康な歯茎を維持することができますので定期的なメンテナンスがとても大切になります。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「大井町駅」から徒歩4分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック』
東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F
TEL:03-5783-6480

セラミック治療のよくあるご質問①

 

山手歯科クリニック大井町です。
本日はセラミック治療のよくあるご質問にお答えします。

 

『1:セラミックが変色しない理由は?何か怪しい素材を使っているのですか?』
セラミックとは、つまり「陶器」のことです。
陶器は水分を吸いませんから色が変わりません。
もちろん素材しての安全性も高いですから、安心してセラミック治療を受けることができます。

 

『2:銀歯からセラミックに変えることはできますか?』
銀歯を外して、セラミック素材に交換すればいいだけです。
これによって審美性を高めることができます。

 

『3:セラミック治療は奥歯にも施せるのでしょうか(割れませんか)?』
セラミックは頑丈ですから大丈夫です。
ただ、他の部位に比べれば割れやすいということも確かですから、ジルコニアなどの硬い素材を使う場合もあります。

 

『4:「金属を全く使わないこと」のメリットを教えてください』
・メタルアレルギーのリスクがゼロになること
・「歯茎が黒く変色すること」がなくなる
・その他、金属の悪影響が及ばなくなる

などのメリットがあります。

 

『5:セラミック治療期間中に、長期間「歯がない状態」になりますか?』
必要に応じて「仮歯」を装着しますので、「歯がない期間」ができることは基本的にありません。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「大井町駅」から徒歩4分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック』
東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F
TEL:03-5783-6480