妊婦さんが歯周病になると危険な理由

妊婦さんが歯周病になると危険な理由

 

山手歯科クリニックです。
本日は妊婦さんが歯周病になると危険な理由についてお話しします。

 

 

妊婦さんが歯周病になると、「早産」や「低体重児出産」のリスクが7倍も高まるという研究結果があります。これはタバコによる影響よりもはるかに高い数値なのです。

「早産」というのは37週未満で生まれてしまう場合のことを言い、「低体重児」というのは、2500g未満の赤ちゃんのことを言います。

 

歯周病菌に感染すると「炎症性サイトカイン」や「プロスタグランジン」が過剰に分泌されることが原因とみられております。
これらの物質の血中濃度が高くなるとそれが「出産開始の合図」にもなり、陣痛や子宮筋の収縮などが起こると考えられています。

 

また、低体重児は、ただ小さい赤ちゃんが生まれてしまうだけと思われていることが多いですが、身体の機能も未熟な状態で生まれてくる可能性もございます。

 

例えば、
・免疫力が弱く感染症にかかりやすい
・脳の発達不良により脳内出血しやすい
・肺の発達が不十分により呼吸に影響が出ることがある
というようなことが報告されています。

 

 

『妊娠中の歯科治療』
妊娠中期になると安定期に入るため、通常の歯科治療が受けることができます。
もしも、妊娠初期に歯周病などの症状がある場合は、母体の負担にならないよう応急処置に留め、安定期に入ってから治療を受けると良いでしょう。

 

 

『最後に』
歯周病は感染症の一つです。
そのため、大切な赤ちゃんに歯周病菌を移さないように、「スプーンや食器を共用しない」「口移しをしない」などの感染しないための工夫をしましょう。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

「大井町駅」から徒歩4分にある歯医者
『山手歯科クリニック』
東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F
TEL:03-5783-6480