歯を悪くしないための注意点〜食生活編〜

歯を悪くしないための注意点〜食生活編〜

 

山手歯科クリニック大井町です。
本日は歯を悪くしないための注意点〜食生活編〜についてお話しします。

 

『1.間食はなるべくしない』
食べ物を食べる頻度が多ければ多いほど、プラークと呼ばれる歯垢が溜まりやすくなります。
この歯垢は虫歯や歯周病のリスクを高めるので、食事の回数を抑え、ダラダラと食べ続けるのは避けましょう。
また、出来るだけ間食を避けるべきですが、間食をした後はすぐに歯磨きするのがおすすめです。

 

『2.糖分の摂り過ぎに気をつける』
虫歯菌は糖分を好みます。
砂糖がたくさん入ったお菓子やスイーツもそうですが、砂糖入りの飲み物やアメ、ガムを飲食することの多い人は気を付けましょう。
また、糖質も同じように気を付ける必要がありますので、バランスのとれた食生活を心がけてくださいね。

 

『3.就寝前に食べないようにする』
就寝前に飲食する習慣があると、その後に歯磨きをしていたとしても、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
睡眠中には唾液の分泌が抑えられ、就寝前に食べたものの唾液による自浄作用が低下してしまうためです。
どんなに丁寧に歯を磨いても100%の汚れを除去するのは難しいため、磨き残しによる虫歯や歯周病を防ぐためにも、就寝前は食べないようにしましょう。

 

『4.良く噛んで食べるようにする』
現代の食べ物は昔に比べ、あまり噛まなくても食べられるようなやわらかいものが増えています。
美味しい食べ物が増えるのは良いことですが、あまり噛まずにやわらかいものばかりを食べていると唾液の分泌が正しく行われなくなり、口腔内に細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
その結果、虫歯や歯周病にかかりやすくなるため、良く噛んで食べることを心がけてみてください。

 

『5.酸性食品の摂り過ぎに気を付ける』
酸性食品とは、酸っぱい食べ物の他、炭酸飲料なども含まれます。
摂り過ぎは歯を酸によって溶かしてしまう原因になるため、注意してください。

 

少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「大井町駅」から徒歩4分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック』
東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F
TEL:03-5783-6480