放っておくと危険?歯ぐきからの出血の原因とは?

放っておくと危険?歯ぐきからの出血の原因とは?

 

こんにちは!山手歯科クリニックです。

 

もし、体から出血していたらどうするでしょうか?

転倒して腕や脚にけがをしてしまった場合、ほとんどの場合、自分で手当てするか、医療機関を受診しますよね。
出血しているのに、その傷口を全く治療しないことはないでしょう。

 

では、歯から血が出ていたらどうしますか?

歯を磨くとき、ほとんどの人が歯茎から出血したことがあると思います。

歯茎には多数の毛細血管があるため、急に出血する性質があるのです。しかし、多くの人は、歯を磨くときに出血するのは普通のことだと思い、あまり気にしていません。

 

しかし、歯磨きの際に歯茎から出血するのは、実は原因があります。
今回は、歯ぐきからの出血について詳しく解説します。

 

 

『実は危険な歯ぐきの出血』

歯を磨くとき、たまに歯茎から血が出ることがあっても、あまり気にしない人が多いのではないでしょうか。

しかし、歯茎から血が出た場合は、歯周病の可能性があるのです。

 

歯茎から血が出るということは、歯茎に炎症が起こり、歯肉炎になっているかもしれません。歯肉炎をそのままにしておくと、歯周病になる可能性があるのです。

成人の約8割が何らかの歯周病の症状があるにも関わらず、歯周病を自覚している人は意外に少ないのです。

歯周病がある程度の重症化すると、歯が緩んできたり、抜けてしまったりすることもあります。

 

歯磨きの際に出血を感じたら、まず歯ぐきと歯の状態をチェックしましょう。健康な歯ぐきであれば、ブラッシングで出血することはめったにありません。

歯ぐきが炎症を起こしていたり、歯石がついていたりする場合は、できるだけ早く歯科医院で診てもらいましょう。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

「大井町駅」から徒歩4分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック』
東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F
TEL:03-5783-6480