骨とインプラントの結合期間における5つの注意点とは?①

骨とインプラントの結合期間における5つの注意点とは?①

 

大井町駅の歯医者「山手歯科クリニック」です。
本日は「骨とインプラントの結合期間における5つの注意点」について解説していきます。

 

インプラント手術の完了後は、骨とインプラントが結合するまでの「初期固定期間」が始まります。

この期間にきちんと配慮して生活することで、インプラント手術を行った付近の骨や粘膜組織に及ぶ負担を減らすことができます。

逆にこの時期に負荷をかけてインプラントに余計な力が及ぶと、インプラントの定着が悪くなったり、回復が遅くなったりする恐れがあります。

そこでここでは、初期固定期間における注意点を5つ挙げていきます。

 

『1:食生活に関して』

インプラント治療では外科手術をします。傷口は縫いますが、もちろんすぐに回復するわけではありません。

ですから傷口にダメージを与えるような飲食物は避けなければなりません。
具体的には「熱いもの」や「辛いもの」は控えてください。そうしないと傷口の治りが悪くなるかもしれません。

それから「硬いもの」も可能な限り食べないようにしましょう。
硬いものを噛むとインプラント部位に負担がかかるため、「骨との結合」に関して悪影響が及ぶ恐れがあります。

そのためまずは柔らかいものから食べて、インプラントが定着してきてから徐々に硬いものも取り入れるようにしましょう。

しばらくは少し不自由な食生活となりますが、上記のことを守らないと更に面倒なことになりますから気をつけてください。

 

『2:ブラッシングについて』
インプラントの傷口が治癒するまでは、その場所には歯ブラシを触れさせてはならない場合が多いです。

そして「仮歯」などを入れているのであれば、傷口の様子と相談しながらケアをしていく必要があります。
仮歯を使っている場合は、歯ブラシとしては「インプラント用」の柔らかめのものを使い、歯磨き剤には「泡立ちにくく、刺激がなく、フッ素が入っていないもの」を選択しましょう。

フッ素には歯を強化したり、虫歯を予防したりする働きがあるので重宝されています。しかしフッ素にはインプラントのチタンを腐食させる恐れもあるため避けるべきです。

また、泡立ちが良いと強くうがいをしてしまいがちですが、手術後は優しくすすぐくらい好ましいです。ですからあまり発泡しない歯磨き剤を選ぶことを推奨します。

さらには「刺激がなく、殺菌力のある洗口剤」を使って、歯周病菌などの増殖を防止するのもおすすめです。

 

少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「大井町駅」から徒歩4分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック』
東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F
TEL:03-5783-6480